本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > ナス




薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

ナスの食べ合わせレシピ


ナスのトマト煮

 ナスとトマトを組み合わせる事で血糖値の上昇を抑える事ができます。またアサリやイカを加える事で喉の渇きや全身のほてり感を取り除く事ができます。

【材料(4人分)】
 ナス4本 トマト水煮1缶 イカ1パイ アサリのむき身50g
 鶏がらスープの素大さじ1 サラダ油大さじ2

【作り方】
@ ナスは1〜2cmの輪切りにし、イカはわたと骨を取って1cm幅の輪切りにする。

A サラダ油でナスを炒め、しんなりしたらイカとアサリを加えてさらに炒める。

B トマトの水煮を潰しながら汁ごと入れ、スープの素を加えて20分ほど煮こみ、塩コショウで味を整える。


ナスの中華炒め

 ナスは悪玉コレステロールを除去して動脈硬化を防ぐ働きがあります。また血管の細胞を丈夫にする働きもあります。ブロッコリーも葉緑素の働きで血液の流れを良くし、血栓症や動脈硬化の予防に効果があります。きくらげは血液をサラサラに保ち、ナスや味噌と共に体に有害な老廃物の排泄を促進する働きがあります。これらの相互作用により血管の老化防止にも効果を発揮します。

【材料(4人分)】
 ナス6本 ブロッコリー1/2株 きくらげ10g
 しょうがのみじん切り・ねぎのみじん切り各小さじ2
 A(赤味噌大さじ4 みりん大さじ3 酒大さじ1 砂糖大さじ4)

【作り方】
@ ナスは一口大の乱切りにし、ブロッコリーもナスと同じくらいの大きさに切る。

A 鍋で油大さじ2を熱し、ナス・ブロッコリー・きくらげを炒める

B ナスなどが柔らかくなったら、Aを回し入れて全体に味をからめる。



食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品