本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > サバ




薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

サバの食べ合わせレシピ


サバの漬け揚げ

 サバは滋養強壮効果が強く、ネギとショウガが胃を丈夫にして食欲増進を助けるため、食欲がない人、体力が落ちてきた人、冷え性の人にオススメの一品です。

【材料(4人分)】
 サバ1尾 ネギ10cm 薄切りショウガ1枚
 下味(酒・しょう油・砂糖各1/2カップ)
 パセリ少々 

【作り方】
@ サバは三枚におろして、5cmほどのそぎ切りにする。ネギ、ショウガはつぶす。

A 下味の調味料を混ぜ合わせ、@を4時間ほど漬け込み味をなじませる。

B サバをキッチンペーパーで拭いて汁気を取り、中温の油でキツネ色になるまで揚げる。器に盛ってパセリのみじん切りを散らす。



サバのレモンソース

 サバにはEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれており、血管を丈夫にし血栓ができるのを防ぐ働きがあります。これにタマネギの抗凝固作用、レモンの抗酸化作用を加える事でその効果が増し、動脈硬化や脳卒中の予防に効果を発揮します。

【材料(4人分)】
 サバ4切れ タマネギ1/4個 レモン1/2個 白ワイン1/4カップ
 ニンジンの輪切り1/3本分 スープ1/2カップ 生クリーム大さじ4
 酢大さじ1、バター大さじ1/2

【作り方】
@ タマネギとレモンは薄切りにし、輪切りのニンジン、白ワイン、水3カップ、塩小さじ1/2と一緒に鍋に入れて煮立て、サバを加えてさっと煮てそのまま冷ます。

A @のスープを1/2に煮詰めて生クリーム、酢、塩コショウで味付けし、レモン汁、バターを加えて整える。

B @のサバにAのソースをかける。



食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品