食べ合わせで栄養効果倍増!身体にいい食べ合わせ・よくない食べ合わせを意識して健康生活しましょう
おいしく食べて栄養効果倍増
食べ合わせ大百科
HOME 野菜類 キノコ類 果物類 肉・卵・乳類 魚介類 海藻類 豆類 種子類 嗜好品
食べ合わせとは

 みなさんは「食べ合わせ」という言葉をご存知でしょうか?私達は毎日様々な食材を摂取しています。それは偏ったものを食べると栄養も偏るためで、必然的に食材を組み合わせて摂取しなければなりません。でもこの組み合わせ次第でその食材のよさを最大限に生かしたり、打ち消しあったりしてしまうのです。それがここで紹介する「食べ合わせ」です。

 食材にはそれぞれ栄養素に特徴があります。カルシウムを多く含むものであったり、ビタミンCを多く含むものであったり。「骨を丈夫にしたいからカルシウムを多く摂ろう」と考え、カルシウムを多く含む食材を摂取したとします。でもこれではカルシウムの吸収を身体に任せたきりです。でもここでカルシウムの吸収を助けるビタミンDを多く含む食材も摂取したとしたらどうでしょう。カルシウムの吸収量が増加し、より効率的に目的が達せられます。

 「若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEを摂ろう」と考え、ビタミンEを多く含む食材を摂取したとします。ビタミンEには強力な抗酸化作用があり、老化やガンの原因になる活性酸素を抑える働きがあります。しかしながらビタミンE単独では効果が持続しません。ここにビタミンCが加わることでビタミンEの活性が持続し、より効果を発揮するのです。

 上記の事からもわかるように、食材を単品で食べたりやみくもに組み合わせるのではなく、食材の持つ栄養素を最大限に生かす事のできる組み合わせで摂取する事で、通常の2倍も3倍も効果を発揮する事ができるのです。せっかく食べるのですから、食材の持つチカラを最大限に生かしてみてはいかがでしょうか。





食べ合わせトピックス

 食材栄養ランキング

 目的別食材検索

 食べ合わせレシピ

 よくない食べ合わせ

 食べ合わせコラム

 トップページへ






野菜類

キノコ類

果物類

肉・卵・乳類

魚介類

海草類

豆類

種子類

嗜好品

 
Copyright(c)2005〜. 食べ合わせ大百科 All rights reserved