食べ合わせ次第で栄養が2倍にも3倍にも!?食材が持つ栄養を最大限に引き出す食生活を心掛けましょう!

<当サイトは医療従事者が監修・運営しています>

 食べ物は組み合わせ次第で、栄養効果が2倍にも3倍にもなる事があります。どうせ食べるなら効率よく最大限に栄養を活かしてみましょう。

食べ合わせとは

 料理における食べ物の組み合わせは無限にありますが、組み合わせ次第で栄養効果が増減するのであれば、もちろん栄養効果が高まる組み合わせにしたいものです。その考え方は先人たちから受け継いでいるレシピにも無意識に活かされています。

食べ合わせって一体なに?
食べ合わせの良くないものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当によくないの?
実は先人の知恵だった!?
無意識にやっているよい食べ合わせ




食べ合わせ(食品別)

 これから料理しようとしている野菜や肉、魚、もっとよい組み合わせはありませんか?料理の材料選びの段階で調べておけば食べ物の栄養素を最大限に活かすことができます。

野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品




旬の食べ合わせ

 食べ物には旬の時期があり、旬の時期に食べればおいしさはもちろんのこと、より多くの栄養を摂る事ができます。旬な食べ物の組み合わせを意識すれば、そのものが持つ栄養を最大限に活かすことができます。

春の食材
夏の食材
秋の食材
冬の食材

食品一覧

 料理の材料選びをする前に食べ物の組み合わせによる栄養効果をチェックすれば、毎日の食事の栄養効率が格段に上がります。

食品一覧(あいうえお順)



食べ合わせとは

食材栄養ランキング

目的別食材検索

レシピ

食材の組み合わせのよくないもの

一緒に食べるとよい食材