本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > キウイフルーツ

キウイフルーツの食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


キウイフルーツはどんな食材?


 キウイフルーツはマタタビ科の果実であり、中国原産のものをニュージーランドで品種改良して栽培したのが始まりです。キウイフルーツという名前は、ニュージーランドのシンボルである「キーウィ」という鳥にちなんで名付けられました。

 キウイフルーツには様々な品種があり、果肉が緑色のものが一般的ですが、黄色いものや赤っぽいものもあります。生産量はイタリアが世界最大であり、中国が第二位、ニュージーランドが第三位となっています。日本では愛媛県の生産量が日本一となっています。

キウイフルーツはペクチンが豊富


 キウイフルーツにはイチゴを上回るほどのビタミンCが含まれており、一個で1日に必要なビタミンCの70%を摂取できるほどです。ビタミンCはコラーゲンの生成に関わり美肌に効果があるほか、免疫力を高め感染症やガンの予防に効果があります。

 キウイフルーツには水溶性食物繊維のペクチンが豊富に含まれています。ペクチンは食べたものの腸内での移動時間を遅らせることで、血糖値の急激な上昇を抑える働きがあります。また善玉コレステロールを増やし、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果があるほか、便秘の解消にも効果があります。

 キウイフルーツの皮付近にはタンパク質分解酵素のアクチニジンが含まれており、肉類と摂取すると消化吸収が促進され胃もたれを防ぐ働きがあります。また、キウイの皮を肉の上にのせておくと、非区を柔らかくすることができます。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
グレープフルーツ、パパイヤ、ブロッコリー ガンの予防
バナナ、レモン、アボカド、クルミ 高血圧、動脈硬化の予防
柿、レモン、レタス、パセリ、梅 美肌効果、ストレス解消
リンゴ、ブドウ、ヨーグルト 下痢・便秘の改善

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品