本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

良い?悪い?キウイの食べ合わせと嬉しい3つの栄養を徹底解説!

キウイの食べ合わせ

更新:


 キウイフルーツにはイチゴを上回るほどのビタミンCが含まれており、一個で1日に必要なビタミンCの約70%を摂取できます。また、水溶性食物繊維のペクチンや、お肉を柔らかくするタンパク質分解酵素も含まれています。キウイフルーツの食べ合わせについて、ぜひとも知っておきましょう。

薬剤師のイラスト <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※


目次


キウイフルーツはどんな食材?

キウイフルーツはどんな食材か
キウイフルーツのCMをよく見かけますが、どこの国でつくっているんですか? 看護師のイラスト

薬剤師のイラスト 原産は中国ですが、ニュージーランドで品種改良されたものが出回っています。

日本では栽培していないんですか? 看護師のイラスト

薬剤師のイラスト 流通量は少ないですが、日本でも栽培はしていますよ。

 キウイフルーツはマタタビ科の果実であり、中国原産のものをニュージーランドで品種改良して栽培したのが始まりです。キウイフルーツという名前は、ニュージーランドのシンボルである「キーウィ」という鳥にちなんで名付けられました。

 キウイフルーツには様々な品種があり、果肉が緑色のものが一般的ですが、黄色いものや赤っぽいものもあります。生産量はイタリアが世界最大であり、中国が第二位、ニュージーランドが第三位となっています。日本では愛媛県の生産量が日本一となっています。

キウイフルーツに含まれている栄養素

キウイフルーツに含まれている栄養素
キウイフルーツは甘酸っぱいイメージがありますが、どんな栄養があるんですか? 看護師のイラスト

薬剤師のイラスト ビタミンCがすごく多いんですよ!

果物ってどれもビタミンCが多いんじゃないんですか? 看護師のイラスト

薬剤師のイラスト キウイフルーツはレモンに次ぐビタミンCの多さで、果物の中でもトップクラスです。

■果物でトップクラスのビタミンC含有量
 キウイフルーツにはイチゴを上回るほどのビタミンCが含まれており、一個で1日に必要なビタミンCの70%を摂取できるほどです。ビタミンCはコラーゲンの生成に関わっており、肌を正常に保つ働きがあります。また、ビタミンCには免疫力を高める働きがあることから、感染症やガンの予防効果が期待されています。

 また、強い抗酸化作用によって過酸化脂質の発生を抑えるビタミンEも多く含まれており、ビタミンCとの相乗効果が期待できます。

■カリウムが多く含まれている
 キウイにはカリウムが多く含まれており、むくみの解消や血圧を安定させる働きが期待できます。また、含有量はあまり多くないものの、カルシウムマグネシウム鉄分亜鉛などのミネラルも含まれています。

■ペクチンが腸をきれいにする
 キウイフルーツには水溶性食物繊維のペクチンが豊富に含まれています。ペクチンは食べたものの腸内での移動時間を遅らせることで、血糖値の急激な上昇を抑える働きがあります。

 また善玉コレステロールを増やし、高血圧や動脈硬化など生活習慣病の予防効果が期待できるほか、便秘の解消にも役立っています。

 キウイフルーツの皮付近にはタンパク質分解酵素のアクチニジンが含まれており、肉類と摂取すると消化吸収が促進され胃もたれを防ぐ働きがあります。また、キウイの皮を肉の上にのせておくと、肉を柔らかくすることができます。

栄養解説
やはりビタミンCはすごい!〜免疫の働きも助ける最強の美容ビタミンを解説〜
【やはりすごい!】ビタミンEの抗酸化作用〜働きと効果をポイント解説〜
血圧や水分の調節に欠かせない!〜カリウムの働きと効果をポイント解説〜



キウイフルーツ100gあたりの栄養価

キウイフルーツ100gあたりの栄養価

 以下の表では、キウイフルーツ100gあたりに含まれているエネルギー量や、主要なビタミン・ミネラルなどの含有量を示しています。単品からの栄養摂取に偏ることなく、さまざまな食材を上手に食べ合わせて、バランスよく栄養を摂取しましょう。

エネルギー 61kcal
炭水化物 14.66 g
糖類 8.99 g
食物繊維 3 g
脂肪 0.52 g
タンパク質 1.14 g
ビタミンA相当量 4 μg
βカロテン 52 μg
ビタミンB1 0.027 mg
ビタミンB2 0.025 mg
ビタミンB3 0.341 mg
ビタミンB5 0.183 mg
ビタミンB6 0.063 mg
葉酸 25 μg
コリン 7.8 mg
ビタミンC 92.7 mg
ビタミンE 1.46 mg
ビタミンK 40.3 μg
ナトリウム 3 mg
カリウム 312 mg
カルシウム 34 mg
マグネシウム 17 mg
リン 34 mg
鉄分 0.31 mg
亜鉛 0.14 mg
マンガン 0.098 mg
出典:USDA食品成分データベース

栄養効果を高める食べ合わせのポイント

栄養効果を高めるキウイの食べ合わせ
キウイフルーツにビタミンCが多いのはわかりましたが、何と食べ合わせるとよいのですか? 看護師のイラスト

薬剤師のイラスト 乳酸菌が豊富なヨーグルトと一緒に食べるのがおすすめです。

どうしてヨーグルトなんですか? 看護師のイラスト

薬剤師のイラスト キウイフルーツに豊富に含まれている食物繊維のペクチンと乳酸菌で、便通の改善が期待できますよ。

 キウイフルーツは酸味と甘みを兼ね備えたフルーツであり、イチゴを上回るほどのビタミンCを含んでいます。また、水溶性食物繊維であるペクチンも豊富に含まれており、その含有量は果物の中でトップクラスです。

 ペクチンは加熱するとトロトロの状態になるため、ジャムづくりには欠かせません。

 すべての果物がペクチンを多く含んでいる訳ではなく、キウイフルーツをはじめ、リンゴやブドウ、みかんには多く含まれていますが、ブルーベリーのようにジャムを作る際はペクチンを足さなければならない果物もあります。

 このペクチンは腸内でドロドロのゲル状となり、腸内の汚れを絡め取りながら移動するため、排便を促す効果が期待できます。また、ペクチン自体が善玉菌のエサとなるため、善玉菌を増やす効果もあります。

 このペクチンを豊富に含むキウイフルーツと食べ合わせるとよい食材として、ヨーグルトが挙げられます。

 ヨーグルトには善玉菌である乳酸菌が豊富に含まれているため、悪玉菌を減らして腸内環境を整えたり、腸のぜん動運動を促す働きもあることから、ペクチンを豊富に含むキウイフルーツとヨーグルトを食べ合わせることによって、整腸作用が期待できます。

関連食材
リンゴの栄養が健康を後押し〜効果効能や食べ合わせについてポイント解説〜
【意外に知らない】ブドウの栄養成分〜疲労回復効果を詳しく解説〜
ヨーグルトの栄養 ヨーグルトの栄養と効能はすごい!〜体に嬉しい効果と食べ方のコツ〜



一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
リンゴ
ブドウ
ヨーグルト
下痢・便秘の改善
グレープフルーツ
パパイヤ
ブロッコリー
ガンの予防
バナナ
レモン
アボカド
クルミ
高血圧、動脈硬化の予防

レモン
レタス
パセリ
美肌効果、ストレス解消


参考文献
出典1:厚生労働省|日本人の食事摂取基準(2020年版)|脂溶性ビタミン

出典2:厚生労働省|日本人の食事摂取基準(2020年版)|水溶性ビタミン

出典3:厚生労働省|日本人の食事摂取基準(2020年版)|ミネラル(多量ミネラル)

出典4:厚生労働省|令和元年 国民健康・栄養調査結果の概要

出典5:文部科学省|日本食品標準成分表2020年版(八訂)|キウイフルーツ/緑肉種/生

出典6:文部科学省|日本食品標準成分表2020年版(八訂)|キウイフルーツ/黄肉種/生

関連記事
知っておきたい!果物の食べ合わせと栄養
食べ合わせとは一体なに?
知っておいて損はない!食べ合わせの悪い食材とは
知らなかった!実は無意識にやっていたよい食べ合わせとは
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ、本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせを食材別に調べる

野菜 果物 きのこ
野菜 果物 キノコ
肉・乳製品 魚介類 海藻
肉・乳製品 魚介類 海藻
豆類 種子類 嗜好品
豆類 種子類 嗜好品