栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > アボカド

アボカドの食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


アボカドはどんな食材?


 アボカドはメキシコと中央アメリカが原産の果物で、熱帯や亜熱帯で生育します。果樹園で栽培を行っていますが、その木は高さが10mほどになります。収穫期は11〜12月ごろで、濃い緑色の果実をつけます。

 熟していない果実はかなり硬いのですが、熟して食べ頃になると、実の表皮を指で押したら凹むほど柔らかくなります。

 果実は生で食べることが多く、サラダやタコスに使われます。また、アボカドが醤油に合うことから、海外では巻き寿司に使われることがあり、カリフォルニアロールと呼ばれています。栽培が行われているメキシコでは、メキシコ料理を代表する食材となっています。

アボカドは不飽和脂肪酸が豊富


 アボカドは大変栄養価の高い果物で、ビタミン、ミネラル、食物繊維のほかタンパク質、脂質も多く含んでいます。「トロのような味」と言われるのはこのためかもしれません。タンパク質には必須アミノ酸であるリジンやトリプトファンが多く含まれており、発育に欠かせない栄養素です。

 アボカドの脂質はほとんどが不飽和脂肪酸で、血中コレステロールを減らすn−9系の不飽和脂肪酸と血液をサラサラにするn−3系の不飽和脂肪酸を豊富に含んでおり、心筋梗塞や脳梗塞など成人病の予防に効果があります。ただし体によいといってもカロリーが高いので、食べ過ぎには注意が必要です。

 アボカドにはエネルギー代謝を促すビタミンB1、B2も多く含まれており、体力回復や肝臓病の人に最適です。また造血作用や脂肪代謝を促進するビタミンB6や、老化防止に欠かせないビタミンEも豊富に含まれています。

 このほか強力な抗酸化作用をもつグルタチオンも多く含まれており、ガンや老化の原因になる活性酸素を除去する働きがあります。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
イチゴ、リンゴ、ブドウ、レモン コレステロールを減らす
グレープフルーツ、モモ、アスパラガス 美肌効果、老化の防止
バナナ、さくらんぼ、イチゴ、栗 病後の体力回復
牛乳、ハチミツ、バナナ 便秘の改善

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品