本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > 牛乳

牛乳の食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


牛乳はどんな食材?


 牛乳の歴史は非常に古く、紀元前から牛を家畜化して牛乳を利用していたとされています。牛乳はそのまま飲むのはもちろんのこと、チーズやバター、生クリーム、ヨーグルトなど、数多くの食材に加工されています。

 ただし、牛乳が飲用として流通するようになったのは低温殺菌法が開発された19世紀に入ってからであり、冷蔵などの保存技術の向上によって急速に普及するようになりました。

 牛乳と一言でいっても、牛乳内に含まれる脂肪分の量を一切調整しない無調整牛乳のほか、脂肪分の量を調整した調整牛乳、脂肪分が0.5%以上1.5%以下になるように脂肪分を減らした低脂肪牛乳などがあります。

 現在の日本では生乳を100%利用したものだけを「牛乳」と呼び、コーヒーなどを混ぜたものは乳飲料と呼ばれています。

牛乳はタンパク質とカルシウムが豊富


 牛乳にはタンパク質とカルシウムが豊富に含まれています。タンパク質の構成要素となるアミノ酸には人の身体では合成することのできない必須アミノ酸9種類をバランスよく含んでおり、タンパク質の栄養価を表すアミノ酸スコアは卵と同じく満点の100です。

 牛乳のタンパク質の8割がカゼインと呼ばれるタンパク質です。カゼインは体内で分解されてペプチドになり、カルシウムの吸収を助けたり、免疫機能を強化したりします。牛乳にはカルシウムが豊富に含まれているので、吸収効率が高まってより効果を発揮するのです。カルシウムは骨粗しょう症を予防したり、精神を安定に保つ働きがあります。

 また牛乳にはビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。皮膚や粘膜を健康に保つ動物性ビタミンAのレチノール、脂肪やタンパク質のエネルギー代謝を促進するビタミンB2、カルシウムの吸収を助けるビタミンDなどが含まれています。このほか、胃粘膜を保護し炎症を抑える働きがあるので、胃潰瘍の予防にも効果があります。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
イワシ、昆布、大豆、小松菜、ゴマ 骨粗しょう症の予防、精神安定
カキ、牛肉、卵、やまいも 虚弱体質改善、体力向上
バナナ、大豆、ショウガ 胃・十二指腸潰瘍の予防
ごま、マグロ、イワシ、大豆 脳の活性化、血行促進

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品