本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > ゴマ

ゴマの食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


ゴマはセサミンが豊富


 ゴマにはセサミンやセサミノール、セサモリンなどの抗酸化物が含まれており、これらはゴマリグナンと呼ばれています。セサミンは抗酸化作用により、老化やガンの原因となる活性酸素を除去する働きがあります。

 セサミンは肝臓付近で吸収されるので特に肝臓で効果を発揮し、肝機能を強化する働きがあります。また強力な抗酸化力を持つビタミンEも豊富に含まれており、セサミンとの相乗効果で生活習慣病などの予防に効果があります。

 ゴマには脂質が豊富に含まれていますが、体内で合成することのできない必須アミノ酸のトリプトファンやメチオニンからなる良質なタンパク質も含まれています。トリプトファンは脳の神経伝達物質やドーパミンなどの合成に関わっており、脳を活性化します。メチオニンはうつ症状を緩和するほか、アレルギーや動脈効果の予防にも効果があります。

 ゴマの脂質には不飽和脂肪酸のオレイン酸やリノール酸が豊富に含まれており、コレステロールを減らしたり、過酸化脂質の生成を抑えて動脈硬化などの予防に効果があります。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
アスパラガス、小松菜、ほうれん草 高血圧、動脈硬化の予防
マグロ、イワシ、カツオ、サケ 老化防止、健脳効果
大豆、牛乳、昆布、小魚 骨粗しょう症の予防と改善
あずき、ふき、、きくらげ、チンゲン菜 便秘の予防

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品