本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > 昆布

昆布の食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


昆布はどんな食材?


 昆布は北海道から東北にかけて分布している海藻であり、養殖も行われています。国内生産量に占める養殖の割合は35%程度となっており、天然物では北海道産が95%を占めています。

 昆布の種類には様々あり、真昆布をはじめ、利尻昆布、羅臼昆布、細目昆布、長昆布などがあります。北海道産が圧倒的に多いものの、昔の流通経路の関係から、昆布の消費量は北陸や近畿、沖縄で多く消費されています。

 日本では非常に古くから食されており、昆布巻きや昆布締めなどの郷土料理のほか、刻み昆布、とろろ昆布、おぼろ昆布、酢昆布など多種多様にあります。

昆布はビタミンとミネラルが豊富


 昆布といえばダシを連想する方も多いと思いますが、昆布にはビタミンB1、B2、カロテン、カリウム、カルシウム、鉄、食物繊維などを豊富に含んでおり、「海の野菜」とも呼ばれています。なかでも特記すべきは、ヨウ素が豊富に含まれていることです。

 ヨウ素は海藻類からしか摂取できませんが、その働きは大変重要なものです。ヨウ素は甲状腺ホルモンの生成や分泌を促進する働きがあり、新陳代謝を活発にするほか、子供の発育、皮膚や髪を健康に保つなど重要な役割を担っています。

 昆布のヌルヌル成分は、水溶性食物繊維のアルギン酸です。アルギン酸は糖の吸収を妨げたり、コレステロールを低下させるほか、カリウムと協力して体内の余分なナトリウムを排泄し血圧を下げる働きがあります。

 そのため、高血圧や動脈硬化など生活習慣病の予防に効果があります。また、この水溶性食物繊維が身体の老廃物を吸着して体外に排泄してくれるほか、便秘の解消にも効果があります。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
オクラ、シメジ、コンニャク、イワシ 高血圧予防、コレステロール低下
タマネギ、キャベツ、納豆、しそ ガン予防、血行促進
かぼちゃ、大根、ふき、ハマグリ むくみ、気管支炎の解消
ニンジン、いんげん、ほうれん草 貧血予防、美肌効果

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品