本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > ふき

ふきの食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


ふきはカリウムやカルシウムが豊富


 ふきにはカリウム、カルシウム、食物繊維が豊富に含まれています。カリウムは体内の余分なナトリウムを排泄して血圧を下げるほか、体内の水分量を調整してむくみを解消します。
 カルシウムは歯や骨を丈夫にしたり、骨粗しょう症の予防に効果があります。

 ふき特有の苦味は、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸によるもので、これは食欲を増進させたり食中毒を防ぐ効果があります。

 ふきのとうはふきの若芽ですが、栄養価はふきに比べて非常に高く、カルシウムで1.5倍、カリウムで2倍も含んでいます。このほか、昔から咳や気管支の炎症を抑える働きがあるとされています。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
コンニャク、エノキ茸、セロリ ガン予防、コレステロール低下
白菜、大根、かぶ 胃腸の調子を整える
うなぎ、小松菜、エビ、ニンジン 老化防止、体力増強
レモン、みかん、そば、ピーマン 高血圧、動脈硬化の予防

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品