本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > ウナギ

ウナギの食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


ウナギはどんな食材?

 ウナギは日本人に古くから馴染みのある食材であり、縄文時代の遺跡からもウナギの骨が見つかっています。日本で流通しているウナギのほとんどは養殖であり、天然物はごくわずかです。

 養殖といっても完全な養殖ではなく、天然のシラスウナギ(ウナギの稚魚)を捕獲し、それに餌を与えて大きく育てる方法が行われています。ウナギは稚魚の乱獲によって激減しており、現在は絶滅危惧種として扱われています。かつては世界のウナギの70%を日本人が食べていましたが、現在では中国が世界最大の消費国となっています。

 ウナギの最も一般的な食べ方として、甘辛いタレをつけて焼く蒲焼きが有名ですが、タレをつけずに焼く白焼きや、蒲焼きを細切りにしてご飯の上に盛り付けるひつまぶし、内臓を吸い物にする肝吸いなどが知られています。

ウナギと梅干しの食べ合わせはNG?

 夏になると話題になるのが「ウナギと梅干しの食べ合わせはよくない」というものです。結論から言うと、これは昔からの俗説であり、食べ合わせが悪いということはまったくありません。むしろ、梅干しの酸味が胃酸の分泌を促進し、脂分の多いウナギの消化を助ける働きがあるため、食べ合わせはよいと言えます。

 そもそも夏バテ予防の「土用の丑の日」は江戸時代に鰻屋から相談を受けた平賀源内が考えたもので、「ウナギは薬になる」というものでした。ウナギには疲労回復効果が期待できるビタミンが豊富であるため、とても理にかなっています。

 梅干しにも疲労物質を減らすクエン酸が豊富に含まれているほか、胃酸の分泌を促進して夏バテ時の食欲増進を助ける効果が期待できます。つまり、ウナギと梅干しを食べるということは夏バテ防止にとても効果的ということになります。

 ではどうしてこんな俗説が広まったのでしょうか?これには諸説あり、梅干しで食欲増進してウナギを食べ過ぎないようにする贅沢への戒め、脂分の多いウナギを食べ過ぎることで消化不良を起こさないようにする、などが挙げられます。

 ちなみに、昔から言われているよくない食べ合わせに「スイカと天ぷら」がありますが、これが「ウナギと梅干し」とごちゃ混ぜになって「ウナギとスイカ」「ウナギと天ぷら」がよくないと思われることもありますが、これらの食べ合わせはまったく関係がありません。

ウナギはビタミンAが豊富


 ウナギは昔から夏のスタミナ食として定番で、夏バテなど体力が低下した時に大変効果があります。ウナギには体に抵抗力をつけるビタミンAが豊富に含まれており、特にウナ肝に多く含まれています。

 野菜に含まれているビタミンAはカロチンの状態で含まれていますが、ウナギはレチノールという形で含まれており、カロチンに比べて吸収効率が大変よいのが特徴です。ビタミンAは皮膚や目などの粘膜を強くし抵抗力を増すほか、病気の回復や成長を助ける働きがあります。

 また疲労回復に効果のあるビタミンB1、成長を促すビタミンB2、老化を防ぐビタミンE、美肌効果のあるコラーゲンも豊富に含まれています。

 このほか脳の活性化に効果があるとされるDHA、コレステロールを減らし血栓を予防するEPAなどの不飽和脂肪酸も豊富に含まれており、動脈硬化や心筋梗塞など生活習慣病の予防に効果を発揮します。この不飽和脂肪酸は大変酸化しやすいのですが、山椒をかける事で酸化を防ぐ事ができます。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
トマト、きゅうり、やまいも、れんこん 夏バテの解消、虚弱体質の改善
春菊、ネギ、唐辛子、酢、味噌 神経痛、リウマチ、脚気の改善
ネギ、ニンニク、しょうが、ニンジン 冷え性の改善

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品