本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > シイタケ

シイタケの食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


シイタケはどんな食材?


 シイタケは日本人には大変馴染みのあるキノコであり、日本国内で幅広く栽培することができます。英語名でもShiitakeとそのままの名前で呼ばれており、日本を代表するキノコであることが伺えます。

 シイタケにはうま味成分が含まれており、そのまま食べるほかにも、香りや旨味を楽しむために出汁をとったりします。乾燥させても水で戻すことができることから、干し椎茸としても多く流通しています。

 シイタケは乾燥させることで旨味や香りが増すほか、天日干しすることでビタミンDが増えることがわかっています。なお、シイタケの旨味成分は熱に弱いため、グツグツ煮込むのではなく、冷水で一晩漬けておくのがよいとされています。

シイタケはグルタミン酸やエルゴステリンが豊富


 シイタケの旨味成分はグルタミン酸です。グルタミン酸は脳の栄養素として欠かせない成分で、脳の老化防止に効果があります。また、ボケの予防に効果のあるビタミンB6も含まれています。シイタケなどのきのこ類には食物繊維が豊富ですが、これらはβ‐グルカンと呼ばれ、強い抗がん作用があることがわかっています。

 β‐グルカンは免疫細胞であるマクロファージやNK細胞を活性化することで、ガン細胞を除去したり抑えたりする効果があります。β‐グルカンは、健康食品で有名なアガリスクなどに多く含まれています。

 またシイタケにはエルゴステリンも豊富に含まれています。エルゴステリンは日光や紫外線に当たると体内でビタミンDに変化します。ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける働きがあり、骨粗しょう症の予防と改善に効果があります。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
イカ、タコ、サバ、セロリ 高血圧予防、動脈硬化予防
ごま、くるみ、かぼちゃ、マヨネーズ 老化防止、脳の活性化
アスパラガス、ブロッコリー、のり ガンの予防
イワシ、昆布、ほうれん草 骨粗しょう症の予防、血行促進

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品