本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > 小松菜

小松菜の食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


小松菜はカロテンやカルシウムが豊富


 小松菜にはカロテンやビタミンC、カルシウムが豊富に含まれており、なかでもカルシウムはほうれん草の3倍以上も含んでいます。

 カロテンは肌荒れを予防し、ビタミンCはコラーゲンの生成を助け肌に張りをあたえシワを解消する働きがあるため、美肌に高い効果があると言えます。

 また、カルシウム以外にもカリウムや鉄などのミネラルを豊富に含み、カルシウムと協力して貧血や骨粗しょう症を防ぐ効果が期待できます。カリウムは体内のナトリウムを排泄し、高血圧の予防に効果があります。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
桜えび、ジャコ、ゴマ、ナッツ 骨粗しょう症、老化の予防
コンニャク、たけのこ、セロリ コレステロールの低下、高血圧の予防
ニンジン、トマト 視力低下の予防、ガンの予防
レモン、イチゴ、オレンジ 疲労回復

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品