本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > さつまいも

さつまいもの食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


さつまいもは食物繊維が豊富


 さつまいもには豊富に食物繊維が含まれているほか、ビタミンC、ビタミンEも多く含まれています。食物繊維は大腸の働きを活発にし、便秘の解消や大腸がんの予防に効果があります。

 ビタミンCには免疫力の活性化や、コラーゲンの生成を助け美肌に効果があります。またビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれており、老化の原因となる活性酸素を抑える働きがあります。ビタミンCはビタミンEの働きを助ける役割があり、ビタミンCとEを一緒に摂取する事でより効果が発揮されます。

 紫いもにはポリフェノールの一種であるアントシアニンが多く含まれており、眼精疲労や老化防止に効果があります。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
コンニャク、ひじき、リンゴ、昆布 便秘の予防、動脈硬化の予防
牛乳、ひじき、きくらげ コレステロールの低下
ごぼう、椎茸、ほうれん草、ニンジン ガンの予防
レモン、イチゴ、小松菜 美肌効果、ストレス予防

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品