本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > ごぼう

ごぼうの食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


ごぼうは食物繊維が豊富


 ごぼうの特徴はなんといっても豊富な食物繊維です。ごぼうには水溶性と不溶性の食物繊維が含まれています。これら食物繊維は腸のぜん動運動を活発にし、便秘の解消や、発ガン物質、コレステロールの排泄に効果があります。

 また、血糖値の急上昇を防ぐ働きがあり、糖尿病に効果があるほか、水溶性の食物繊維にはナトリウムを体外に排泄する働きがあり、高血圧の予防と改善に効果があります。

 ごぼうに含まれる食物繊維のリグニンには解毒作用があり発ガン物質を無毒化して排泄するほか、クロロゲン酸やアルクチン酸などの抗がん作用をもつ成分も含まれており、リグニンとの協力してガン予防に効果を発揮します。このほか、ごぼうには性ホルモンの分泌を促進するアルギニンが含まれており、老化防止にも効果があります。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
エノキダケ、コンニャク、セロリ 高血圧の予防、便秘の解消
豆腐、寒天、たけのこ、ひじき コレステロールの低下、ダイエット効果
シイタケ、カブ、大根 糖尿病の予防
玄米、コーンフレーク 動脈硬化の予防
ニンジン、牛肉 疲労回復、貧血の改善

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品