本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > エノキ茸

エノキ茸の食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


エノキ茸はどんな食材?


 エノキ茸は「エノキ」と略して呼ばれがちですが、エノキは気の名前であり、エノキやコナラ、クワなどの広葉樹の枯れ木などに寄生するのがエノキ茸です。

 エノキ茸と聞くと白くて密集したひょろひょろのキノコを想像しますが、天然のエノキ茸は茶色っぽく、傘もしっかりと開いた、いかにもキノコという形をしています。

 キノコは光で光合成を行わないものの、胞子を飛ばすために光のある所を求める性質があります。日本で流通しているエノキ茸は日の光が当たらない場所で菌床栽培されているため、光を求めてモヤシのようなひょろひょろのキノコになるのです。

エノキ茸はビタミンB群と食物繊維が豊富


 エノキ茸にはビタミンB1、B2、ナイアシンが豊富に含まれています。ビタミンB1は糖質のエネルギー代謝に関与し、疲労回復や脳の活性化に効果があります。ビタミンB2は細胞の再生やエネルギー代謝に関与しているほか、皮膚や粘膜を健康に保ちます。また抗酸化作用を持っており、ガンや老化の原因になる活性酸素を抑える働きがあります。

 活性酸素は体内の脂質を過酸化脂質に変えます。過酸化脂質は血管に付着し、動脈硬化や脳梗塞などの原因になります。よって、これら生活習慣病の予防にもなります。ナイアシンは血行をよくして、冷え性の改善に効果があります。

 エノキ茸には食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維は腸内で善玉菌の栄養となり善玉菌を増やすほか、コレステロールや腸内の有害物質を吸着して体外に排泄する効果があります。ほかにも、エノキ茸のエキスにはガンの予防効果や強心作用、コレステロール低下などの効果があるとされています。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
オクラ、ごぼう、イワシ、タコ 高血圧予防、コレステロール低下
コンニャク、きゅうり、うり、アサリ コレステロール低下、肥満防止
アスパラガス、ニンジン、椎茸、味噌 ガンの予防
ウナギ、ゴマ、豚肉 美肌効果、疲労回復

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品