本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > イワシ

イワシの食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


イワシはDHAやEPAが豊富


 イワシは良質な脂質に富んでおり、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)、オレイン酸やパルミチン酸などの不飽和脂肪酸を豊富に含んでいます。

 DHAは脳の神経細胞に含まれている物質で、脳機能や神経組織の情報伝達を活性化する働きがあります。「頭がよくなる」として一時期話題になったのはこのためです。このほか、体質を改善してアトピー性皮膚炎にも効果があるとされています。

 EPAは血栓を溶かし血管を拡張する働きがあるため、脳梗塞や心筋梗塞などの血栓症の予防と改善に効果があります。イワシはEPAの含有量が魚介類の中でもトップクラスです。

 このほか、歯や骨を丈夫にし骨粗しょう症を防ぐカルシウムやカルシウムの吸収を助けるビタミンDも多く含んでいます。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
コンニャク、ネギ、オリーブオイル コレステロール低下、動脈硬化予防
大豆、ゴマ、牛乳 脳の活性化、集中力アップ
かぼちゃ、さつまいも、アーモンド 老化防止、スタミナアップ
トマト、ニンジン、椎茸、きくらげ ガン予防、血行促進

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品