本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > 豚肉

豚肉の食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


豚肉はどんな食材?


 豚は日本において大変古くから飼育されており、明治以降になると日本全国で一般的に食べられるようになりました。豚肉と一言で言っても部位によって特徴があり、肩、ロース、バラ、モモ、ヒレなどに大別されます。

 豚肉には豚自体が保有している豚ヘルペスやE型肝炎の病原体が存在していることがあるため、生食するとこれらの感染症にかかる恐れがあり、豚肉を食べる際は加熱調理することが必須となります。

 生ハムは加熱調理されていませんが、製造工程の塩漬けと乾燥によって人間に有害な病原体が繁殖できなくなるため、加熱調理しなくても問題ないとされています。

豚肉はビタミンB1が豊富


 豚肉にはビタミン、ミネラルが豊富に含まれていますが、なかでも特筆すべきはビタミンB1の含有量です。牛肉や鶏肉に比べて5〜10倍ものビタミンB1を含有しており、食品の中でもトップクラスです。

 ビタミンB1は糖質のエネルギー代謝に関わっているほか、エネルギー代謝の過程で発生する疲れの原因になる乳酸が溜まるのを防ぐ効果もあります。そのため疲労回復に効果があります。ビタミンB1が不足すると、疲労倦怠感や情緒不安定、手足のしびれ、ひどくなると脚気になってしまいます。

 また、強い抗酸化作用を持つビタミンB2、ビタミンEも豊富に含んでおり、老化やガンの原因になる活性酸素を除去したり、動脈硬化の原因になる過酸化脂質の生成を防ぐ働きがあります。

 豚肉は部位によって栄養分の含有量が異なっており、ヒレ肉はバラ肉に比べてビタミンB1が2倍も含まれています。またモモ肉にはナイアシンが含まれており、血行をよくして冷え性の改善に効果があります。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
しめじ、ワカメ、ヒジキ、コンニャク 高血圧予防、コレステロール低下
タマネギ、ニンニク、ニラ、ネギ 疲労回復、体力増強
鶏皮、ゴマ、ヨーグルト 美肌効果
かぼちゃ、さつまいも、落花生 老化予防、健脳効果

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品