本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > 牛肉

牛肉の食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


牛肉はどんな食材?


 牛肉は世界中で食されている食材ですが、日本での歴史は浅く、食用肉として普及するようになったのは明治の文明開化以降のことです。当時は流通量が少なく高価なものでしたが、平成以降は海外から安価は牛肉が輸入されるようになり、身近な食材となりました。

 牛肉はほとんどすべての部位が食用にされているといっても過言ではありません。牛肉と一言でいっても、肩、肩ロース、ネック、サーロイン、モモなど部位によって呼び方が異なり、食感も異なるため、料理に合わせて部位が選ばれています。

牛肉は鉄や亜鉛などミネラルが豊富


 牛肉は良質なタンパク質、脂質に恵まれているほか、鉄や亜鉛、リンなどのミネラルも豊富に含まれています。食品に含まれている鉄はヘム鉄と非ヘム鉄に分かれており、肉や魚にはヘム鉄、野菜などの植物には非ヘム鉄が含まれています。

 これらは吸収率が異なり、ヘム鉄は非ヘム鉄より5〜6倍も吸収率がよいのです。牛肉にはもちろん吸収のよいヘム鉄が豊富に含まれています。よって、貧血や疲労倦怠感の改善に効果があります。

 また亜鉛は成長に欠かせないミネラルであるほか、「セックスミネラル」とも呼ばれホルモンの分泌にも関わっており、強精強壮効果があります。

 牛肉のタンパク質は人の体に似たアミノ酸の構成をしており、吸収効率がとてもよいです。なかでも人の身体では作ることのできない必須アミノ酸のリジンを豊富に含んでいます。

 リジンは成長や回復力に関わっており、不足すると疲れやすくなったり集中力がなくなるほか、血中コレステロールが増えたりします。加齢と共に不足しがちなので、意識して摂取する必要があります。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
ニンニク、トマト、カキ、シジミ 疲労回復、体力増強
じゃがいも、タマネギ、白菜、ふき 胃腸を丈夫にする
大麦、ごま、ナス、オリーブオイル 傷の回復力促進
きゅうり、うり、セロリ、チコリ 利尿作用、腎臓病改善

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品