本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > エビ

エビの食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


エビは高タンパク低カロリーな食材


 エビにはたくさんの種類がありますが、どれも高タンパク低カロリーでビタミン、ミネラルのほか、タウリンやナイアシンなどを含んでいます。

 タウリンは交感神経の働きを静めて血圧の上昇を抑える働きがあります。また、肝臓から胆汁酸の分泌を促進してコレステロールや中性脂肪の排泄を促すため、高血圧のほか動脈硬化や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の予防に効果があります。ナイアシンは血行をよくして、冷え性を改善する効果があります。

 エビにはベタインというアミノ酸が含まれています。ベタインには糖の吸収を抑える働きがあり、血糖値の急激な上昇を抑えるので糖尿病の予防に効果があります。このほか、エビに含まれる赤色色素のアスタキサンチンには、発ガン抑制作用が認められています。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
椎茸、ごぼう、セロリ、きくらげ コレステロール低下、動脈硬化予防
やまいも、ゆり根、銀杏、レンコン 頻尿、夜間排尿の解消
イカ、タコ、カキ、ニラ、クルミ スタミナアップ
タマネギ、ニンニク、ネギ、ニラ ガン予防

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品