本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > いんげん豆

いんげん豆の食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


いんげん豆はどんな食材?


 いんげん豆は日本でとても馴染みのある食材ですが、いんげん豆と一言で言っても、金時豆やうずら豆、虎豆などさまざまな品種があります。また、若いさやの状態で食べるさやいんげんもあります。

 日本原産のようにも思われがちですが、古代から南北アメリカで栽培されていた主要な作物であり、コロンブスがヨーロッパに持ち込んで広まったと言われています。いんげん豆は高タンパクかつ低脂肪な食材であり、世界中で栽培されるに至りました。

 日本には17世紀に伝わったとされており、煮豆や甘納豆に使われるほか、さやいんげんは煮物や炒め物の彩りに使われています。

いんげん豆は食物繊維が豊富


 いんげん豆にはビタミンB1、B2や炭水化物、食物繊維が豊富に含まれています。種皮に含まれる食物繊維のセルロースは豆類のなかでもトップクラスで、糖質の吸収をゆるやかにする効果があります。そのため血糖値が急激に上がるのを抑え、糖尿病や肥満の予防に効果があります。また空腹感を抑えるので、ダイエットにも効果的です。

 また食物繊維は体内の有害物質を吸着して体外に排泄したり、コレステロールの吸収を妨げるほか、善玉菌の栄養分となって善玉菌を増やす働きがあるので、ガンや動脈硬化、便秘の予防に効果があります。

 ビタミンB1は糖質のエネルギー代謝に関わっており、不足すると乳酸がたまって疲れやすくなるほか、イライラしたり怒りっぽくなったりします。ビタミンB2はタンパク質や脂質の代謝に関わっており、ビタミンB1との相乗効果で疲労回復や夏バテ予防に効果を発揮します。このほか、カリウム、カルシウム、鉄などのミネラルも豊富に含まれています。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
キャベツ、白菜、椎茸、昆布 ガンの予防
トマト、タマネギ、パセリ、ワカメ 高血圧、動脈硬化の予防
大根、かぶ、やまいも 胃腸を丈夫にする
ごぼう、椎茸、アサリ、牛乳 糖尿病の予防と改善

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品