本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > パセリ

パセリの食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


パセリはカロテンとビタミンCが豊富


 パセリは添え物として扱われていますが、実はものすごく栄養価の高い野菜です。特にカロテン、ビタミンCが豊富で他の野菜と比較してもトップクラスの含有量です。

 カロテンは体内で必要に応じてビタミンAに変わり、眼精疲労や夜盲症の予防に効果があります。また、粘膜や肌を健康に保つ働きもあります。ビタミンCは肌に弾力をもたらすコラーゲン生成に関わっており、またシミやそばかすを防ぐ働きもあります。

 カロテン、ビタミンCに共通する効果としては、その抗酸化力でガンや老化の原因となる活性酸素の働きを抑えることができ、また免疫力を向上することでガンの予防に役立ちます。
 また鉄分も豊富に含まれており、鉄分が多いとされるほうれん草の4倍も多く鉄を含んでいます。よって貧血の予防と改善に効果があります。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
にんじん、ピーマン、エビ ガン予防、免疫力の向上
うなぎ、大豆、玄米 老化防止、血行促進
牛乳、海藻、ジャコ 骨粗しょう症の予防、精神安定
コンニャク、たけのこ 高血圧、動脈硬化の予防

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品