本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > カツオ

カツオの食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


カツオはビタミンB12やナイアシンが豊富


 カツオはタンパク質を豊富に含んでいるほか、ビタミンB6やB12、ビタミンD、ナイアシンなどが多く含まれています。ビタミンB12は植物中には含まれていないビタミンで、葉酸や鉄とともに赤血球中のヘモグロビンを増やし、貧血の改善に効果があります。また、神経細胞内の核酸の合成や修復を行う働きもあります。

 ビタミンDはカルシウムの吸収を促進し骨の生成を助けるので、骨軟化症や骨粗しょう症の予防と改善に効果があります。またイライラする時や、集中力を高めたい時にも効果があります。よって、カルシウムの多い食品と一緒に摂ると効果的です。

 ナイアシンは魚の中でトップクラスの含有量です。ナイアシンはエネルギー代謝を高め血行をよくするので、冷え性の改善に効果があります。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
トマト、ニンジン、チンゲン菜 高血圧、動脈硬化予防
アサリ、カキ、ほうれん草、 貧血、冷え性の改善
イワシ、マグロ、ゴマ、ネギ、味噌 脳の活性化
小松菜、ジャコ、桜えび 骨粗しょう症の予防、イライラ解消

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品