本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> >

栗の食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


栗はタンパク質やカリウムが豊富


 栗はタンパク質や脂質が豊富で、ビタミンB1、C、カリウムも豊富に含まれています。カリウムは体内の不要なナトリウムを排泄し、血圧を下げる働きがあります。また体内の水分量を調節し、むくみの解消にも効果があります。

 栗に含まれるビタミンCはデンプンに包まれているため、加熱しても損なわれる心配がありません。ビタミンCは体内の免疫力を高め感染症に対する抵抗力をつけるほか、コラーゲンの生成にも関わっています。コラーゲンは肌にハリを与える役割を果たしており、美肌効果が期待できます。

 ビタミンB1は糖質のエネルギー代謝に関与しているほか疲労物質である乳酸をためにくくするため、疲労回復や夏バテ解消に効果があります。また精神安定作用もあります。栗の渋皮にはタンニンというポリフェノールが含まれています。タンニンには抗酸化作用があり、老化やガンの原因になる活性酸素を抑え、生活習慣病などの予防効果があります。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
アスパラガス、ほうれん草、マイタケ ガン予防
いんげん、たけのこ、レタス 老化防止、健脳効果
やまいも、納豆、アロエ 胃腸を丈夫にする
サツマイモ、サトイモ、イカ、エビ 疲労回復、スタミナアップ

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品