本文へスキップ

食べ合わせで栄養効果倍増!身体にいい食べ合わせ・よくない食べ合わせを意識して健康生活しましょう

> > いんげん豆

いんげん豆の食べ合わせ


 いんげん豆にはビタミンB1、B2や炭水化物、食物繊維が豊富に含まれています。種皮に含まれる食物繊維のセルロースは豆類のなかでもトップクラスで、糖質の吸収をゆるやかにする効果があります。そのため血糖値が急激に上がるのを抑え、糖尿病や肥満の予防に効果があります。また空腹感を抑えるので、ダイエットにも効果的です。

 また食物繊維は体内の有害物質を吸着して体外に排泄したり、コレステロールの吸収を妨げるほか、善玉菌の栄養分となって善玉菌を増やす働きがあるので、ガンや動脈硬化、便秘の予防に効果があります。

 ビタミンB1は糖質のエネルギー代謝に関わっており、不足すると乳酸がたまって疲れやすくなるほか、イライラしたり怒りっぽくなったりします。ビタミンB2はタンパク質や脂質の代謝に関わっており、ビタミンB1との相乗効果で疲労回復や夏バテ予防に効果を発揮します。このほか、カリウム、カルシウム、鉄などのミネラルも豊富に含まれています。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
キャベツ、白菜、椎茸、昆布 ガンの予防
トマト、タマネギ、パセリ、ワカメ 高血圧、動脈硬化の予防
大根、かぶ、やまいも 胃腸を丈夫にする
ごぼう、椎茸、アサリ、牛乳 糖尿病の予防と改善




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品



食べ合わせとは

食材栄養ランキング

目的別食材検索

食べ合わせレシピ

よくない食べ合わせ

食べ合わせコラム