本文へスキップ

食べ合わせで栄養効果倍増!身体にいい食べ合わせ・よくない食べ合わせを意識して健康生活しましょう

> > ひじき

ひじきの食べ合わせ


 ひじきにはカルシウムと鉄が豊富に含まれていて、その含有量は海藻の中でもナンバーワンです。カルシウムは昆布の2倍、のりの10倍、牛乳の14倍も含まれています。またカルシウムの働きを助けるマグネシウムも含まれており、歯や骨の成長、高血圧や動脈硬化の予防、精神安定効果が期待できます。

 また造血作用のある鉄分も豊富で、ほうれん草の15倍も含まれており、貧血の予防と改善に効果があります。鉄が不足すると、疲労倦怠や思考力の低下、発育不全などの症状が現れます。

 このほかひじきには豊富に食物繊維が含まれており、ごぼうの6倍以上も含まれています。この豊富な食物繊維が便秘の解消や、成人病の予防に効果があります。ひじきの繊維は腸内でビタミンB群が合成されるのを助ける働きがあり、ここにタンパク質が加わるとさらに合成能力が高まります。よって、ひじきと一緒に肉や魚、大豆類を煮付けると効果がより高まります。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
椎茸、ニンジン、大豆、サンマ 高血圧予防、コレステロール低下
コンニャク、たけのこ、油揚げ 便秘の予防と改善
ニンジン、大豆、ワカサギ 骨粗しょう症の予防と改善
カキ、アサリ、シジミ、ほうれん草 貧血の予防と改善




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品



食べ合わせとは

食材栄養ランキング

目的別食材検索

食べ合わせレシピ

よくない食べ合わせ

食べ合わせコラム