食べ合わせで栄養効果倍増!身体にいい食べ合わせ・よくない食べ合わせを意識して健康生活しましょう
おいしく食べて栄養効果倍増
食べ合わせ大百科
HOME 野菜類 キノコ類 果物類 肉・卵・乳類 魚介類 海藻類 豆類 種子類 嗜好品
モロヘイヤの食べ合わせ

 モロヘイヤの日本での歴史はまだ浅いですが、驚異的な栄養野菜として一時期話題になりました。ビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含んでおり、なかでもカロチンの含有量はほうれん草の3倍、ブロッコリーの15倍とダントツです。カロチンは体内でビタミンAに変わりその抗酸化作用により活性酸素を抑え、ガンや生活習慣病の予防に効果を発揮します。モロヘイヤを1日30g摂取するだけでガン予防効果が期待できます。

 またカリウムの含有量も野菜の中でトップクラスです。カリウムは体内の余分なナトリウムを排出する働きがあるので、高血圧の予防と改善に効果的です。またモロヘイヤに含まれるケルセチンには血管に柔軟性を与え丈夫にする働きがあり、高血圧のほか脳卒中などの出血症の予防効果もあります。

 モロヘイヤを刻むとネバネバしますが、これは多糖類のムチン、マンナンによるもので、コレステロールを除去したり、血糖値の急激な上昇を抑えたりします。このほかカルシウムや鉄分も豊富に含まれています。





食べ合わせトピックス

 食材栄養ランキング

 目的別食材検索

 食べ合わせレシピ

 よくない食べ合わせ

 食べ合わせコラム

 トップページへ

一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
セロリ、タマネギ、トマト、じゃがいも 高血圧、動脈硬化の予防
やまいも、大豆、牛乳、タマネギ 糖尿病の予防と改善
ホタテ、牛乳、干しエビ、シイタケ 骨粗しょう症の予防
レバー、カキ、アサリ、イカ、タコ 貧血の予防と改善





野菜類

キノコ類

果物類

肉・卵・乳類

魚介類

海草類

豆類

種子類

嗜好品

 
Copyright(c)2005〜. 食べ合わせ大百科 All rights reserved