食べ合わせで栄養効果倍増!身体にいい食べ合わせ・よくない食べ合わせを意識して健康生活しましょう
おいしく食べて栄養効果倍増
食べ合わせ大百科
HOME 野菜類 キノコ類 果物類 肉・卵・乳類 魚介類 海藻類 豆類 種子類 嗜好品
みかんの食べ合わせ

 みかんには豊富にビタミンCが含まれており、2個食べれば1日に必要なビタミンCが補えるほどです。ビタミンCは体内で免疫力を高め、感染症やガンを予防する効果があります。また、ストレスを和らげる副腎皮質ホルモンの合成に関わり、抗ストレス効果もあります。またビタミンCはコラーゲン生成に欠かせないビタミンでもあります。コラーゲンは血管や皮膚、粘膜などを丈夫にする働きがあるほか、肌にハリを与え、美肌効果もあります。

 ほかにも、皮膚や粘膜を保護して病原菌に対する抵抗力をつけるカロテン、肌や髪につやを与えるビタミンB群、疲労の原因物質である乳酸の生成を抑えるクエン酸なども含まれています。

 みかんや柿にはβ‐クリプトキサンチンという抗がん物質が含まれています。これはみかんの色を出しているカロテノイド色素で、カロテンの5倍もの抗酸化作用を持っており、ガンや老化の原因になる活性酸素を抑えたり、免疫力を強化したりします。みかんの皮の白いスジにはフラボノイドが含まれており、抗酸化作用があるので生活習慣病の予防になります。また皮にはビタミンPが含まれており、コラーゲンの生成を促進したり血圧を下げたりします。





食べ合わせトピックス

 食材栄養ランキング

 目的別食材検索

 食べ合わせレシピ

 よくない食べ合わせ

 食べ合わせコラム

 トップページへ

一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
ネギ、ショウガ、シソ、かぼちゃ 風邪予防、免疫力強化
バナナ、パイナップル、スイカ 高血圧の予防、コレステロール低下
ヨーグルト、マンゴー、ブロッコリー がんの予防
イチゴ、リンゴ、アスパラガス、セロリ 胃腸の強化、便秘解消





野菜類

キノコ類

果物類

肉・卵・乳類

魚介類

海草類

豆類

種子類

嗜好品

 
Copyright(c)2005〜. 食べ合わせ大百科 All rights reserved