食べ合わせで栄養効果倍増!身体にいい食べ合わせ・よくない食べ合わせを意識して健康生活しましょう
おいしく食べて栄養効果倍増
食べ合わせ大百科
HOME 野菜類 キノコ類 果物類 肉・卵・乳類 魚介類 海藻類 豆類 種子類 嗜好品
カボチャの食べ合わせ

 カボチャは各種ビタミンやミネラル、食物繊維をバランスよく含む緑黄食野菜です。中でも注目したいのがカボチャに豊富なビタミンA、C、Eです。

 ビタミンAはカロテンが体内で変化してできるビタミンで、カボチャにはベータカロテンとして含まれています。ベータカロテンは目の粘膜を強化し視力を正常に保つため、眼精疲労にも効果があります。また皮膚を丈夫にする作用もあり、肌荒れやアトピー性皮膚炎の予防にも効果的です。このベータカロテンはカボチャのワタの部分に多く含まれているので、カボチャを煮る時は種だけを除き、ワタは一緒に煮るようにして下さい。

 ビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれ、その強力な抗酸化作用により活性酸素の害から体を守ります。活性酸素は体の遺伝子を傷つけたり、コレステロールを酸化させて過酸化脂質に変えたりします。その結果、遺伝子が変異したり過酸化脂質が血管にこびりつき、ガンや動脈硬化、老化を引き起こすのです。ビタミンEはこの活性酸素を取り除く事で、細胞の破壊や動脈硬化、ガン、老化を防ぐ事ができるのです。ただし体内の活性酸素が増えすぎた場合はビタミンEの抗酸化作用が追いつかなくなる事があります。

 そこでビタミンEの働きを助けるのがビタミンCです。同じく抗酸化力を持つビタミンCを一緒に摂取する事で抗酸化作用の相乗効果が期待できます。カボチャにはどちらも含まれているので大変有効です。またビタミンCにはほかにも体に抵抗力をつけたり、紫外線によるメラニン色素の生成を抑え、シミやソバカスを予防する働きがあります。





食べ合わせトピックス

 食材栄養ランキング

 目的別食材検索

 食べ合わせレシピ

 よくない食べ合わせ

 食べ合わせコラム

 トップページへ

一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
ニンジン、ナス、ほうれん草、牛乳 ガンの予防
アスパラガス、くらげ、ワカメ、アズキ 腎臓病によるむくみの解消
シイタケ、えんどう豆、牛肉、カツオ 胃腸を丈夫にし体力増強
ふき、昆布、銀杏、栗、ハチミツ 気管を整え咳・痰を抑える





野菜類

キノコ類

果物類

肉・卵・乳類

魚介類

海草類

豆類

種子類

嗜好品

 
Copyright(c)2005〜. 食べ合わせ大百科 All rights reserved