食べ合わせで栄養効果倍増!身体にいい食べ合わせ・よくない食べ合わせを意識して健康生活しましょう
おいしく食べて栄養効果倍増
食べ合わせ大百科
HOME 野菜類 キノコ類 果物類 肉・卵・乳類 魚介類 海藻類 豆類 種子類 嗜好品
パイナップルの食べ合わせ

 パイナップルの主成分は糖質ですが、ビタミンB1、B2、C、食物繊維も豊富です。ビタミンB1は糖質の分解を助け、ビタミンB2も体内の新陳代謝を高めるため疲労回復や老化予防に効果があります。ビタミンCも豊富で、免疫力を高め風邪などの感染症を防ぎ、病気の回復を早め、ストレスに強い体を作ります。またカルシウムの吸収を促進するマンガンを多く含んでおり、骨粗しょう症の予防にも効果があります。

 パイナップルにはブロメラインというタンパク分解酵素が含まれています。これには肉を柔らかくして消化を助ける働きがあります。また酸味成分のクエン酸も豊富で、胃液の分泌を盛んにして消化を助ける働きがあります。酢豚や南国料理にパイナップルがついてくるのはこのためです。

 ただしブロメラインは熱に弱く60℃以上で作用しなくなるので、調理の最後に加えるのがポイントです。缶詰のパイナップルには含まれていません。またブロメラインには血液やリンパ液の循環をよくしたり、消炎、消腫の働きも認められています。





食べ合わせトピックス

 食材栄養ランキング

 目的別食材検索

 食べ合わせレシピ

 よくない食べ合わせ

 食べ合わせコラム

 トップページへ

一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
いちご、さくらんぼ、ぶどう、栗 疲労回復
バナナ、マンゴー、レモン、いちじく 高血圧の予防、動脈硬化の予防
牛乳、大豆、もも、干しブドウ 骨粗しょう症の予防
みかん、りんご、やまいも 消化を助け、胃腸強化





野菜類

キノコ類

果物類

肉・卵・乳類

魚介類

海草類

豆類

種子類

嗜好品

 
Copyright(c)2005〜. 食べ合わせ大百科 All rights reserved