本文へスキップ

食べ合わせで栄養効果倍増!身体にいい食べ合わせ・よくない食べ合わせを意識して健康生活しましょう

> > そら豆

そら豆の食べ合わせ


 そら豆の主成分はタンパク質と炭水化物ですが、ほかにもビタミンB1、B2、C,マンガン、食物繊維などを含んでおり、栄養バランスのよい食材といえます。

 ビタミンB1は糖質のエネルギー代謝に関わっているほか疲労物質の乳酸を溜めにくくする働きがあるため、疲労回復に効果があります。ビタミンB2は細胞の再生や成長に関わっているほか、抗酸化作用でガンや老化の原因になる活性酸素の毒性を抑え、過酸化脂質の生成を抑制する働きがあります。

 そのため、高血圧や動脈硬化の予防に効果があります。またレシチンが豊富に含まれており、血栓を溶かす働きがあるほか肝臓に脂肪が溜まるのを防ぐ働きもあります。

 そら豆には食物繊維のペクチンが豊富に含まれています。ペクチンは食べたものの腸内での移動時間を遅らせることで、血糖値の急激な上昇を抑える働きがあります。また善玉コレステロールを増やし、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果があるほか、便秘の解消にも効果があります。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
牛肉、鶏肉、カキ、酢 体力回復、スタミナアップ
トマト、タマネギ、ワカメ、タコ、マグロ 高血圧、動脈硬化の予防
きゅうり、うり、かぼちゃ むくみ解消、腎機能改善
白菜、やまいも、シソ、鯛 胃腸を丈夫にする




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品



食べ合わせとは

食材栄養ランキング

目的別食材検索

食べ合わせレシピ

よくない食べ合わせ

食べ合わせコラム