食べ合わせで栄養効果倍増!身体にいい食べ合わせ・よくない食べ合わせを意識して健康生活しましょう
おいしく食べて栄養効果倍増
食べ合わせ大百科
HOME 野菜類 キノコ類 果物類 肉・卵・乳類 魚介類 海藻類 豆類 種子類 嗜好品
卵の食べ合わせ

 鶏卵にはタンパク質が豊富ですが、その構成要素のアミノ酸に人が体内で合成することのできない必須アミノ酸9種類を全て含んでいます。タンパク質の栄養価を表すアミノ酸スコアというものがありますが、鶏卵は満点の100なのです。ほかに100のものに牛肉、豚肉、牛乳などがあります。

 必須アミノ酸の中でも、特にメチオニンが豊富に含まれています。メチオニンには肝機能の向上し、肝臓に脂肪が溜まるのを防ぐ働きがあり、肝機能障害の予防に効果があります。また、冷え性や虚弱体質の改善、体力回復にも効果があります。

 また、鶏卵にはビタミン、ミネラルも豊富に含まれています。体内で脂質やタンパク質のエネルギー代謝を促進するビタミンB2のほか、カルシウムの吸収を促進し歯や骨を丈夫にするビタミンD、貧血を予防する鉄やカルシウムも多く含まれていて、完全食品とも呼ばれています。

 卵黄にはレシチンが豊富に含まれています。レシチンは油を水に溶かす効果があるので、コレステロールを減らす働きがあります。また、血栓を溶かし脳梗塞や心筋梗塞を予防したり、神経物質の合成に関わりアルツハイマーやボケの予防にも効果があります。





食べ合わせトピックス

 食材栄養ランキング

 目的別食材検索

 食べ合わせレシピ

 よくない食べ合わせ

 食べ合わせコラム

 トップページへ

一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
シジミ、カキ、レバー、大豆 肝臓病の予防
イワシ、マグロ、ゴマ、クルミ 脳の活性化、コレステロール低下
ニンジン、小松菜、チンゲン菜 目のかすみ改善、視力低下の防止
ウナギ、豚肉、牛肉、ニンニク、カツオ 体力増強、スタミナアップ





野菜類

キノコ類

果物類

肉・卵・乳類

魚介類

海草類

豆類

種子類

嗜好品

 
Copyright(c)2005〜. 食べ合わせ大百科 All rights reserved