食べ合わせで栄養効果倍増!身体にいい食べ合わせ・よくない食べ合わせを意識して健康生活しましょう
おいしく食べて栄養効果倍増
食べ合わせ大百科
HOME 野菜類 キノコ類 果物類 肉・卵・乳類 魚介類 海藻類 豆類 種子類 嗜好品
れんこんの食べ合わせ

 れんこんの主な成分はデンプンで、そのほかビタミンCや食物繊維が豊富に含まれています。ビタミンCは肌にハリを与えるコラーゲンの生成に関わっているほか、肌の新陳代謝を促進、シミやそばかすにも効果があります。また、免疫力を向上して感染症の予防に効果があります。また、食物繊維は血中コレステロールを減らし、腸内の善玉菌を増やします。

 れんこんに含まれるネバネバ成分はムチンで、胃粘膜を丈夫にして胃炎や胃潰瘍の予防に効果があります。また、れんこんの皮や節にはタンニンが多く含まれています。タンニンには消炎作用や止血作用があることから、炎症や出血を伴う胃潰瘍や十二指腸潰瘍に効果があります。





食べ合わせトピックス

 食材栄養ランキング

 目的別食材検索

 食べ合わせレシピ

 よくない食べ合わせ

 食べ合わせコラム

 トップページへ

一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
コンニャク、セロリ、レタス コレステロール低下、動脈硬化予防
りんご、にんじん、チンゲン菜 ガン予防、肥満防止
牛肉、豚肉、鶏肉、レバー 貧血防止、肝機能の向上
白菜、大根、かぶ、もやし 胃腸を整える





野菜類

キノコ類

果物類

肉・卵・乳類

魚介類

海草類

豆類

種子類

嗜好品

 
Copyright(c)2005〜. 食べ合わせ大百科 All rights reserved