食べ合わせで栄養効果倍増!身体にいい食べ合わせ・よくない食べ合わせを意識して健康生活しましょう
おいしく食べて栄養効果倍増
食べ合わせ大百科
HOME 野菜類 キノコ類 果物類 肉・卵・乳類 魚介類 海藻類 豆類 種子類 嗜好品
アーモンドの食べ合わせ

 アーモンドにはビタミンB2やビタミンEが豊富に含まれています。特にビタミンEの含有量は100g中31mgも含まれており、食品の中でもトップクラスです。ビタミンEには強力な抗酸化作用があります。老化やガンなどの生活習慣病は、体内で発生する活性酸素が原因といわれています。ビタミンEはその強力な抗酸化力で活性酸素を無害化する働きがあり、生活習慣病の予防に効果を発揮します。

 また肌のコラーゲンは活性酸素によって変質し、シワの原因になってしまいます。よってビタミンEの抗酸化作用で肌を若々しく保つこともできるのです。このためビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれています。ビタミンB2にも抗酸化作用がありビタミンEとの相乗効果が期待できるほか、脂質やタンパク質のエネルギー代謝を促進する働きもあります。

 アーモンドに含まれる脂質には不飽和脂肪酸のオレイン酸やリノール酸が豊富に含まれています。これらには体内のコレステロールを減らす働きがあり、動脈硬化や高脂血症の予防に効果があります。





食べ合わせトピックス

 食材栄養ランキング

 目的別食材検索

 食べ合わせレシピ

 よくない食べ合わせ

 食べ合わせコラム

 トップページへ

一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
イカ、タコ、たけのこ、昆布 高血圧、動脈硬化の予防
大豆、ゴマ、マグロ、イワシ 脳の老化防止
イチゴ、ブドウ、赤ワイン、トマト ガン予防、老化防止
アボカド、ノリ、さやいんげん、レンコン 美肌効果、血液サラサラ効果





野菜類

キノコ類

果物類

肉・卵・乳類

魚介類

海草類

豆類

種子類

嗜好品

 
Copyright(c)2005〜. 食べ合わせ大百科 All rights reserved