本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > ワイン

ワインの食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


ワインはポリフェノールが豊富


 赤ワインにポリフェノールが豊富に含まれているということは近年の赤ワインブームで有名ではないでしょうか。赤ワインというよりは原料となるブドウの種子や果皮に豊富に含まれており、丸ごと搾って発酵しているためポリフェノールが豊富に含まれているのです。

 ポリフェノールには強い抗酸化作用があり、老化やガンの原因になる活性酸素を無毒化する働きがあります。これにより細胞や血管の老化を抑えるほか、過酸化脂質の生成を抑えて動脈硬化など生活習慣病の予防に効果があります。

 白ワインは果肉を搾って発酵させたものなので、ポリフェノールはほとんど入っていません。しかしながら白ワインには有害な細菌に対する殺菌効果のほか、善玉コレステロールを増やすとの研究報告もあります。

 赤ワイン白ワインいずれにもカリウムが豊富に含まれています。カリウムは体内の余分なナトリウムを排泄して血圧を下げる働きがあるほか、利尿作用もあります。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
イチゴ、バナナ、ナス ガン予防、高血圧予防
イカ、ミツバ、きくらげ、ラッキョウ 心臓病予防、血圧を下げる
牛肉、豚肉、ウナギ、レモン 疲労回復、美肌効果
ニンジン、ほうれん草、ブロッコリー 視力の回復、老化防止

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品