本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > 羊肉

羊肉(ラム・マトン)の食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


羊肉はどんな食材?


 日本では近年まで養羊があまり行われていなかったため、羊肉にもあまり馴染みがありませんでした。明治以降北海道では養羊が推奨されていたため、ジンギスカンなどの食文化が生まれました。

 羊肉は年齢によって呼び方が異なり、生後1年未満のものをラム、1年以上経ったものをマトンと呼びます。成長するにつれて特有の香りが強くなり、肉質も硬くなります。

 以前は羊肉を円筒状に冷凍し、それをスライスしたロール肉が主流でしたが、現在は流通技術の向上などによって新鮮な生の羊肉が流通し、スーパーなどでも簡単に入手できるようになりました。

 羊肉特有の香りを苦手とする人がいますが、この特有の香りは脂の部分に含まれているため、気になる人は余分な脂を取り除いて調理すると香りを減らすことができます。

 また、羊肉の脂は融点が高いため、料理が冷めてしまうと脂分もすぐに固まってしまいます。そのため、羊肉の料理はあつあつのうちに食べるのがおすすめです。

羊肉は鉄分やビタミンB1が豊富


 羊肉はやわらかくて消化がよく脂肪も少ない上に、鉄分やビタミンB1を豊富に含んでいるため、病中・病後の体力回復に優れた効果を発揮します。また脂肪燃焼を助けるカルニチンを多く含んでおりダイエット効果も注目されています。

 羊肉は体を温める作用がどの肉よりも優れているといえます。冷えると腹痛や下痢を起こす人や、精力が衰えた人には効果があります。また呼吸器系が弱くて風邪をひきやすい人、咳が止まらない人、喘息発作が頻繁に起こる人が食べる事で、回復力の増強を計ることができます。

 また血を補う作用が強く、産後の体力の衰えや月経不順、おりもの、不妊症にも効果を発揮するといわれています。羊肉は婦人病に効果があるため中国では「女性の肉」と呼ばれています。

 羊独特の臭いは脂肪中に含まれるカプリル酸が原因になっています。羊肉の臭みが苦手という人は脂肪部分を取り除くことで軽減することができます。また香辛料を使うことでおいしく食べることができます。ラム肉はマトンに比べて臭いが少ないのが特徴です。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
イカ、ニンジン、ごま、黒豆、ショウガ 月経不順、不妊症など婦人病の改善
ニンニク、オリーブオイル、くるみ 精力増強、夜間頻尿の改善
ショウガ、米、山椒、クミン、ナツメグ 冷え性の改善
昆布、ゆり根、銀杏、白きくらげ 咳や息切れの改善

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品