本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > ココア

ココアの食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


ココアはポリフェノールが豊富


 ココアの原料はチョコレートと同じカカオ豆で、非常に高い栄養価の飲み物です。ココアにはポリフェノールのケルセチンが非常に豊富に含まれています。ケルセチンは強い抗酸化力で老化やガンの原因になる活性酸素を無毒化し細胞や血管の老化を防ぐ働きがあるので、生活習慣病などの予防に効果があります。

 ココア特有のほろ苦さはテオブロミンによるものです。テオブロミンには自律神経の働きを調節して気分をリフレッシュする働きがあるため、イライラや不眠の解消に効果があります。

 ココアにはビタミンB群やナイアシン、パントテン酸、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、食物繊維などを豊富に含んでいます。ビタミンB2は強い抗酸化力で活性酸素を抑えて過酸化脂質の生成を抑え、動脈硬化などの予防に効果があるほか、ナイアシンは血行をよくして冷え性を改善し、パントテン酸はストレスや風邪に強い体を作ります。

 ココアは栄養価の高い飲み物ですが非常に多くの脂質を含んでおり、飲み過ぎは肥満や高脂血症の原因にもなりかねないので注意が必要です。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
寒天、ところてん、モロヘイヤ 高血圧、動脈効果の予防
栗、柿、パパイヤ、じゃがいも ガン予防、便秘解消
ヨーグルト、牛乳、クルミ 精神安定、集中力をつける
きゅうり、うり、かぼちゃ、うど 利尿作用、腎臓病の予防

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品