本文へスキップ
栄養効果が何倍にも!?食材が持つチカラを引き出す食べ合わせ解説サイト|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > マッシュルーム

マッシュルームの食べ合わせ





薬剤師のイメージ <この記事の著者>
 メディカルアーカイブ所属
 薬剤師 松田俊浩※

目次


マッシュルームはどんな食材?


 マッシュルームは丸くて可愛らしい形のキノコですが、これは若いうちに収穫したものであり、マッシュルームが成長すると傘は20cmにもなります。

 ヨーロッパでのマッシュルームの歴史は古く、古代ギリシャ時代から利用されてきましたが、栽培が行われるようになったのは17世紀からです。日本でも栽培はされていますが、日本の食生活の中での活用は進まず、栽培量はあまり多くありません。

 マッシュルームはホワイト種、オフホワイト種、クリーム種、ブラウン種の4種類に大別されます。ミートソースやグラタンなどの具として用いられ、主に水煮缶として多く流通しています。

マッシュルームはビタミンB2やナイアシンが豊富


 マッシュルームにはタンパク質のほか、ビタミンB2、ナイアシン、カリウム、食物繊維などが豊富に含まれています。ビタミンB2は細胞の再生や成長の促進に関わっているほか、皮膚や粘膜を健康に保ったり、老化やガンの原因になる活性酸素を除去し、動脈硬化や脳梗塞の原因になる過酸化脂質の生成を抑制する働きがあります。

 ナイアシンは血行をよくして冷え性の改善に効果があります。カリウムは体内の余分なナトリウムを排泄し、血圧を下げる効果があります。また体内の水分量を調節し、むくみを解消する働きもあります。

 そのほか、マッシュルームにはエルゴステリンが含んでいます。エルゴステリンは体内でビタミンDに変わり、カルシウムの吸収を促進する働きがあります。これにより歯や骨を丈夫に保つほか、子供の成長促進や骨粗しょう症の予防に効果があります。


一緒に食べるとよい食材
期待できる効果


一緒に食べるとよい食材 期待できる効果
カキ、サケ、レタス、ワカメ、牛肉 高血圧予防、コレステロール低下
きゅうり、うり、イカ、コンニャク 肥満防止、利尿効果
シイタケ、トマト、昆布 ガンの予防、血行促進
カキ、アサリ、ハマグリ、ほうれん草 貧血予防、糖尿病予防

関連記事
せっかくの栄養が台無し!?
絶対に知るべきよくない食べ合わせ
実はよい食べ合わせだった!
無意識に食べていたものとは?
うなぎと梅干し、天ぷらとスイカ
本当に食べ合わせはよくないの?




食べ合わせ一覧
野菜類
キノコ類
果物類
肉・卵・乳類
魚介類
海草類
豆類
種子類
嗜好品